ボリンジャーバンド・FX チャート

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均の数値に対して上にいくら、下にいくら足したり引いたりして引かれる線【標準偏差:1σ・2σ・3σ】のことを言います。 言い換えると、移動平均をはさんで上下に引かれる線をチャート上に表示したものです。統計的にみて、1σ内に68%、2σ内に95%、3σ内に99%収まるといわれています。

分析法としては、移動平均を中心に標準偏差を求めることにより、ボリンジャーバンドを使って値動きの範囲を予測します。

使い方は、順張り、逆張りどちらでもOK!ですが、主に逆張りとして使われるケースが多いようです。

逆張りとして使う場合、レンジ相場を形成している時に、バンドの偏差内で価格がおさまるであろう、と予測しその範囲内でエントリー・エクジットを繰り返します。

順張りの使い方としては、レンジブレイクしてトレンドが発生した時に、バンドに沿って価格が推移していくのでそれに沿ってポジションを持ちます。

ボリンジャーバンドは相場の状況に合わせて使うのがベストですが、だましもよく発生するので他のテクニカル指標と組み合わせて使うことをおすすめします。

お勧めのチャート用口座

チャートの選び方

FX業者一覧

特殊機能

チャートの見方、読み方

テクニカル指標

FX チャート機能