移動平均線・FX チャート

移動平均線

移動平均線

移動平均線とは、過去において、一定期間の価格の平均を折れ線グラフにしたものです。主に、過去の期間の取り方として、「短期線・中期線・長期線」をチャート上に表示して、トレンドを判断したり、売買ポイントの予測をします。

一般的に、移動平均線が右肩上がりのときは上昇トレンド、右肩下がりのときを下降トレンド、移動平均の傾き具合によって、トレンドの強さや勢いを判断します。

 

売買ポイントの見方としては、ローソク足が長期線をはさんで上にあるときは買いチャンス、下を推移している時を売りチャンスと大まかに判断します。

エントリータイミングの基準としては、短期線が中期線を下から上に交差したポイントを「ゴールデンクロス」と呼び買いシグナル、短期線が長期線を上から下に交差したポイントを「デットクロス」と呼び売りシグナルといわれています。

移動平均線は、相場の動きに遅行する性質があるので、トレンドを確認する目的で使用したり、他のテクニカル指標と合わせて売買タイミングを計るのが良いでしょう。

お勧めのチャート用口座

チャートの選び方

FX業者一覧

特殊機能

チャートの見方、読み方

テクニカル指標

FX チャート機能