トレンドラインが引けるFX チャート

トレンドラインが引ける

チャート機能の優れたFX業者を選ぶ時の3つ目のポイントは、「トレンドラインが引ける」という点です。

トレンドラインとは、「高値と高値」「安値と安値」を結んだ線のことですが、そのラインを抜けた値でトレンドが反転したと判断してポジションをもつというのが、よくあるトレードのパターンですね。 そのラインが、チャート上に引けたら便利だと思いませんか?

チャート上でトレンドラインが引ける機能は、視覚的にもトレードポイントが判断しやすくなるので、勝率や精度を上げるうえでは必須といえます。

「高値と高値」「安値と安値」を結ぶトレンドラインは、「ここに引くのが正解」といった決まりがありません。過去のチャートにトレンドラインを引いて練習をしてもそれは、過去のものであって、あまり役にはたちません。 未来を予測して、今動いているリアルタイムのローソク足にラインを引いて練習してこそ、ラインが上手に引けるようになり、結果として「勝ちトレード」に結びつくのです。

まずは、トレンドラインの引ける機能の付いたFX業者のデモトレードで繰り返し練習することをおすすめします。

トレンドラインが引けるFX業者一覧

FXプライム

FXプライム

超高性能ツールのPrime Navigaterは時間足の種類やテクニカル指標の種類などかなり多く、使い勝手もよく人気の高いチャートとして評判。さらに売買シグナルの表示や形状比較分析など独自のツールが豊富なので初心者に特にオススメ。


みんなのFX

みんなのFX

ボリンジャーバンド、MACD、移動平均線といった代表的な指標はもちろん、最大で20分割画面表示できるテクニカル分析チャート。ただ時間足が少なかったりと物足りない部分もある。


ヒロセ LION FX

ヒロセ LION FX

取引画面を別ウィンドウで6画面同時に開くことができたり、表示の位置なども自由に変えられるため、自由度が高い。26種類のテクニカル分析にも対応し、チャート印刷機能や、ローソク足の4本値をCSV形式でエクセルにデータとして読み込む機能も付いている


マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

通常のチャートツールはいたって普通なマネーパートナーズですが、高性能チャート「ハイパースピード」はテクニカル指標が31種類とかなり多く、注文もストリーミング注文やドラッグ&ドロップで出来たりとスピード重視のトレードには最強のチャート。


トレンドラインが引けて、かつ2番目にあげた「チャートから注文が出せる機能」が使えたら、短時間のデイトレードテクニックも上達すること間違いなしですね。その点でおすすめできる業者は、ヒロセ通商マネーパートナーズあたりではないでしょうか。

お勧めのチャート用口座

チャートの選び方

FX業者一覧

特殊機能

チャートの見方、読み方

テクニカル指標

FX チャート機能